デリヘル《無店舗型性風俗》開業の方法

デリバリーヘルス《性風俗特殊営業》は届出制になっておりキャバクラ、ホストクラブ《風俗営業》の申請とはかなりの違いがあります。

性風俗関連特殊営業と風俗営業は何となく似ていますが必要書類の数や図面、制限距離が異なるので注意してください!

 

また性風俗関連特殊営業《法第2条第5項》

1店舗型

無店舗型《デリバリーヘルス》

3映像送信型

4店舗型電話異性紹介

5無店舗型電話異性紹介

と分類されており2番の無店舗型性風俗がデリバリーヘルスの営業に該当します。


デリヘル《無店舗型性風俗》の届出書類

  1. 無店舗型性風俗特殊営業営業開始届
  2. 営業の方法届
  3. 事務所、待機所の平面図
  4. 事務所の周囲の略図
  5. 事務所、待機所の使用承諾書
  6. 建物の登記事項全部証明書
  7. 賃貸借契約書の写し
  8. 個人の場合 住民票  法人の場合 定款、現在事項記載全部証明書、役員全員の住民票

当事務所にご依頼頂いた場合は6番の登記事項全部証明書、住民票はこちらで用意致します。

1、2の書類については警視庁のホームページ性風俗関連特殊営業の届出で《こちら》ダウンロードすることができます。

提出先は事務所のある所轄警察署の生活安全課の窓口になります。

事件等で対応して頂けない場合があるので事前に1本電話を入れておくといいでしょう

 

無店舗型性風俗特殊営業開始の届出と営業の方法の記載方法はこちらの①ブログブログを参考にしてください。

 

また個人でされる場合は7の賃貸借契約書の契約者名と届出書の氏名は同一人物でなければなりません。

仕事用デスクとパソコン
無店舗型性風俗デリヘルの届出書類

図面について

図面につきましては手書きでもパソコンソフトによるものでも大丈夫で、面積計算は不要です。

待機所を設けず女性従業員をネットカフェや自宅待機にする場合は事務所のみの図面になります、又

事務所、待機所を兼ねる場合は必ずパーテーション等で分けておきましょう。

無許可営業での罰則

デリバリーヘルス開業にあたっては必ず無店舗型性風俗特殊営業営業届出を事務所のある所轄警察署へ提出しなければなりません、《1年以下の懲役、若しくは100万円以下の罰金に処せられ、併せて8ヶ月以内の営業の全部または一部の停止》が命じられます。

届出後には《届出確認証》が交付され広告、宣伝をする場合にはこの《届出確認証》の提示が求められます。

依頼頂いた場合の報酬額

デリバリーヘルス無店舗型性風俗届出 実費込み50,000円 3400円公安委員会に納付

デリバリーヘルス営業変更届出        25,000円~ 

開業後のサポートとして要望があれば求人の専門家、業界の方などご紹介させて頂きます。また身を守る為の各契約書、示談書等も格安で作成させて頂きますのでお気軽に問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせはこちら

夜間OK即日面談、行政書士法人PRIMUSに相談下さい。

行政書士法人PRIMUS

〒169-0075東京都新宿区高田馬場1丁目33番6号 平和相互ビル702号

Tel: (03) 6869-9612

携帯090-9549-7912

LINE http://line.me/ti/p/q-NQ-HFS5b

13時から22時の間メール、電話、lineでお気軽に問い合わせください。

面談専門の行政書士になります

東京都内、23区外、埼玉、千葉、神奈川で無料相談させて頂きます。