風俗営業の種類

風俗営業の種類としては、次の5つに区分されています。

 

 1号営業 : キャバレー・社交飲食


 2号営業 : 低照度飲食店


 3号営業 : 区画席飲食店


 4号営業 : マージャン店・パチンコ店


 5号営業 : ゲームセンター等

 

風俗営業の許可は誰でもどこでもどんな建物でも営業できるわけではありません

風営法という法律で制約されており大きく分けて3つあります。

  1. 人的要件
  2. 場所的要件
  3. 構造的要件

人的要件

申請者・管理者・法人の場合は役員が、以下の事項に該当していないことが必要です。

 ・成年被後見人若しくは被保佐人に該当しないこと
 ・破産者で復権していない人


 ・1年以上の懲役若しくは禁固の刑に処せられてその刑の執行を受けた日から(又は事情により刑の
  執行を受けなくていいと決まった日から)起算して5年を経過していない人


 ・以下の法律の中に規定されている罪を犯し、1年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その刑の
  執行を受けた日から(又は事情により刑の執行を受けなくていいと決まった日から)起算して5年を
  経過していない人


  風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、公然わいせつ罪(刑法)、わいせつ物頒布等の
  罪(刑法)、淫行勧誘罪(刑法)、賭博罪(刑法)、常習賭博罪(刑法)(組織的な行為も含む)、賭博
  場開帳等図利罪(刑法)(組織的な行為も含む)、売春防止法児童買春、児童ポルノに係る行為等の
  処罰及び児童の保護等に関する法律、職業安定法、出入国管理及び難民認定法、労働者派遣
  事業の適正な確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律、労働基準法、児童福祉法



 ・集団的に又は、常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為を行いそうな人


 ・アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者


 ・風俗営業の許可を取り消されてから5年を経過していない人(又は許可取り消しを受けていないが脱法
  行為で許可取り消しを免れた人)


 ・営業に関し、成年者と同一の能力を有しない未成年者⇒但し、相続により許可を引き継ぐ場合は、法定
  代理人に不許可事由がなければ、未成年の方も営業を引き継ぐことができます。


 ・法人の役員に上記項目の該当事項が有る場合の当該法人

外国人の場合 申請できる在留資格

  1. 日本人の配偶者の方
  2. 永住者 又は特別永住者の方
  3. 定住者の方

上記以外の在留資格を持つ外国人は申請者にも管理者にもなれないので注意してください!

場所的要件

営業をしようとする場所によって用途地域による制限あります

営業所の所在地が、第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域第一種中高層住居専用地域第二種中高層住居専用地域第一種住居地域第二種住居地域準住居地域内にある場合は、許可を受けることができません。

また営業所の場所が商業地域、近隣商業地域であっても保護対象施設から100メートル以内の一定の距離にある場合は許可が下りる事はありません。


保護対象施設

  1. 学校[盲学校、養護学校、幼稚園も含む]
  2. 図書館
  3. 児童福祉施設
  4. 病院
  5. 診療所

特定地域


東京では例外的に特定地域があり《近隣商業地域及び商業地域のうち、風俗営業に係る営業所が密集した地域で、特に風俗営業の規制にあたり支障がないと公安委員会が認める地域》が下記の通りあります。

  1. 中央区 銀座四丁目から同八丁目までの区域
  2. 港区 新橋二丁目から同四丁目までの区域
  3. 新宿区 歌舞伎町一丁目、同二丁目《9番、10番及び19番から46番》及び新宿三丁目の区域
  4. 渋谷区 道玄坂一丁目《1番から18番まで》、同二丁目《1番から10番まで》及び桜丘町《15番及び16番》

構造的要件

  • 風俗営業1号と3号に該当する営業《キャバレー、ダンス飲食店》


  • 客室床面積は、1室66㎡以上(ダンスをさせるための客室の部分の床面積がその5分の1以上)であること
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立てカーテン、背の高いイス)などを設けていないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けていないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けていないこと
  • 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。なお照度を自動調節、特に5ルスク以下にできるスイッチは設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません


  • 風俗営業2号に該当する営業《スナック、ホストクラブ、キャバクラ》


  • 客室の床面積は、1室9.5㎡以上、ただし待合については2室以上必要。その他のものについては1室16.5㎡以上であること(客室の数が1室のみの場合は、これらの数値に満たない場合でも差し支えありません)
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立て、カーテン、背の高いイスなど)を設けないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造または設備を有すること。照度を自動調節、特に5ルスク以下にできるスイッチは、設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません
  • ダンスの用に供するための構造または設備を有しないこと


  • 風俗営業4号該当する営業《ダンスホール等》

  • 客室(ダンスをさせるための営業所の部分)の床面積は、1室66㎡以上であること
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立て、カーテン、背の高いイスなど)を設けないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。照度を自動調節、特に10ルスク以下にできるスイッチは、設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません


  • 風俗営業5号に該当する営業《低照度飲食店》

  • 客室の床面積は、1室5㎡以上であること
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立て、カーテン、背の高いイスなど)を設けないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。照度を自動調節、特に5ルスク以下にできるスイッチは設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により、外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません
  • ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと


  • 風俗営業6号に該当する営業《区画席飲食店》

  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。照度を自動調節、特に10ルスク以下にできるスイッチは設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません
  • ダンスの用に供するための構造、または設備を有しないこと
  • 長イス等を設けないこと


  • 風俗営業7号に該当する営業《麻雀、パチンコ、その他の遊技場》

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと
  • 善良の風俗または清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造、または設備有すること。照度を自動調節、特に10ルスク以下にできるスイッチは設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造、または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません
  • 遊技設備設置営業にあっては、当該遊技機以外の遊技設備を設けないこと
  • 遊技をさせる営業の場合は、営業所の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること


  • 風俗営8号に該当する営業《ゲームセンター等》

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと
  • 善良の風俗または清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通じるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造、または設備有すること。照度を自動調節、特に10ルスク以下にできるスイッチは設置できません
  • 騒音または振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造または設備を有すること。しかし、音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません
  • 遊技料金として紙幣や有価証券を提供するための設備を設けないこと

夜間OK即日面談、行政書士法人PRIMUSに相談下さい。

行政書士法人PRIMUS

〒169-0075東京都新宿区高田馬場1丁目33番6号 平和相互ビル702号

Tel: (03) 6869-9612

携帯090-9549-7912

LINE http://line.me/ti/p/q-NQ-HFS5b

13時から22時の間メール、電話、lineでお気軽に問い合わせください。

面談専門の行政書士になります

東京都内、23区外、埼玉、千葉、神奈川で無料相談させて頂きます。