飲食店営業許可の申請

飲食店を営業する際に、食品衛生法に基づく許可が必要です、店舗住所の管轄する保健所に申請をしなければなりません。

 

まず内装業者や不動産屋さんから施設の設計図等を預り保健所に事前相談に行きます。

 

その後工事完成予定日の10日くらい前に申請書類を提出し、後日職員の店舗検査が入ります。

 

施設基準適合の確認がとれれば数日後に営業許可証が交付、という流れになります。

 

その際に食品衛生責任者を1名置かなければなりません。

食品衛生責任者は栄養士や調理師の資格を持ってる人で、もし資格者がいない場合は管轄の保健所がやっている講習会で取得することができます。

「6時間以上の講習、費用は約1万円」

 

飲食店の主な施設基準

飲食店営業に必要な書類

欠格事由

食品衛生法違反、又は処分を受けた


営業許可を取り消されて2年経たないもの

(株式会社の場合は役員の1人でも事項に当たれば許可はおりません。)