許可と届出【風俗営業】

無店舗型性風俗営業【デリヘル】は許可ではなく届出が必要な業種になります。


届出は

「性風俗関連特殊営業」でデリヘルの他に個室ビデオ店、インターネットを利用したアダルト画像の送信営業などがあり


許可は

「風俗営業」になり、キャバクラ、ホストクラブ、麻雀、パチンコ屋さんなどになります。


許可は一般的に禁止されている事を要件をクリアし、書類を提出し、厳格な審査のもと解除されて風俗営業を行う事ができます。


行政からお墨付きをもらうといった感じです。



一方「届出」は許可と違い一般的には禁止されていない事を法律に従い行政に通知をし、受領された時点で義務を果たした事になります。


浄化委員会の実査や、厳しい内容の審査がある風俗営業「キャバクラ、スナック」の方が、性風俗営業「デリヘル」より厳しい手続きになりという事は不思議に思います。。