Bar等の深夜飲食に必要な図面作成の流れ。

今回は深夜酒類提供届出【ガールズバー、居酒屋、BAR等】に必要な書類の中に店舗の図面作成があります。難易度の高い書類ですが、ご自身で届出されたい方は参考までに見てみてください。

まずは、お客様から頂いた店舗の図面(お客様に事前に不動産屋さんから入手していただいた物)を参考にレーザー、メジャー、電子分度器等で店舗の求積を開始。

照明の数や種類位置を調べる、椅子や机といった店内の設備もサイズや位置を確認します。それらを図面に記入持ち帰ります。

持ち帰った図面をもとにCADといったソフトを使い 

①平面図

 

②営業所内音響設備等配置図、照明設備図

 

③調理場・客室求積図

 

④営業所面積求積図を作成していきます。

 

JWCADといった無料のソフトがあるのでそれを使って作成。椅子や机はメジャーを使って測定したものを数量やサイズを正確に記載します。

設備の種類、ワット数(LEDを除く)、基数、設備位置を記載します。

 

照明器具の例としてダウンライト、スタンドライト、クリップライトなどがあり注意しなければならない物として床下照明などがある。

 

深夜酒類提供は風俗営業とは違い警察の実査は無いからといって不備のある図面だとのちのち警察の指導の対象となる可能性もあるので注意が必要です!

③調理場・客室求積図

 

調理場は緑の線、客室は赤い線、営業所は青い線でそれぞれ囲みます(カウンターは客室に含まれます)色鉛筆などでもOK

求積は内壁から測る。

計算は小数点第四位で計算し、最終的に表記は第二位 で記載します。

※客室床面積は、あくまで客の用に供するために必要な場所及び物を備え付けるための場所(テーブル、椅子と同じ)として考える。

 

 

④営業所面積求積図

求積は壁芯から測ります。

※営業所とは、営業の用に供される建物で、ドア、窓、壁、天井、床に囲まれた範囲で、共用部分、第三者がいつでも出入り可能な場所は含まれない。エレベータホール、ベランダ、バルコニー、パイプスペースは除外する。壁芯で囲まれた範囲(また駐車場、庭も当該営業所専用のものは営業所とみなす)

※営業所の床面積は9.5㎡以上必要。但し客室が一室の場合を除く。客室が二つ以上の場合は、各々の部屋が9.5㎡以上必要。

 

こういった資料をご自分で作成される自信のない方、開業準備に忙しい方、めんどくさい手続きを省きたい方は是非こちらにご依頼ください。飲食店営業許可とセットで8万円~ご依頼承ります。

 

 

 

行政書士法人PRIMUS

〒169-0075東京都新宿区高田馬場1丁目33番6号 平和相互ビル702号

Tel: (03) 6869-9612

携帯090-9549-7912

LINE http://line.me/ti/p/q-NQ-HFS5b